ジュース

活性酸素はグリーンスムージーなどで改善【緑の力でパワフル生活】

野菜不足を解消する

スムージー

今後も増えていく

グリーンスムージーは、野菜不足を解消させるために開発されたドリンクです。海外のセレブがダイエットのために取り入れるようになり、世界中に広まったと言われています。作り方はとても簡単です。小松菜やほうれん草などの葉野菜と、リンゴやバナナ、キウイなどのくだものをミキサーにかけるだけで簡単に仕上がります。野菜が60パーセント、くだものが40パーセントの比率にするとバランスの良い味になるそうです。野菜が苦手な人は、逆に野菜が40パーセント、くだものを60パーセントにすると飲みやすくなります。最近はレストランやカフェで、グリーンスムージーをメニューに取り入れるところが増えています。人気のため、今後も今以上に取り入れるお店が増えると言われているそうです。

お肌にも良い

グリーンスムージーは葉野菜をベースにするのが基本となりますが、向かないものもあります。それは、でんぷん質を含む野菜です。くだものと合わせることでガスを発生させてしまうことがあるので、注意が必要です。グリーンスムージーは、朝食の前に取り入れると体内への吸収がアップします。消化するまでに時間がかかるので、朝食までの時間を40分あけるのがポイントです。グリーンスムージーは野菜不足を解消させるほかに、お通じを良くする効果もあります。野菜やくだものに含まれる酵素が腸内を活性化させ、便秘を改善に導いてくれます。肌は腸内を映す鏡と言われています。腸の環境が整うことで、肌の調子も良くなるそうです。ニキビや肌荒れになりにくい状態を保ちます。