メリットが沢山ある貸事務所【開業前に知識をチェック】

ニュース一覧

社宅として利用する

オフィス

利用価値が高い

賃貸法人契約の物件はたくさんあります。特に、社宅として利用することがほとんどです。地方から出てきた一人暮らしの若者などを社宅に住まわせることで、会社にとっても社員にとってもウインウインの関係を築くことができます。もちろん、賃貸法人契約をするからには、ある程度の人数が住めるような物件を探さなくてはなりません。それに、社宅として利用するためには、様々なものが揃っていると便利です。例えば、共同で使えるお風呂やトイレ、キッチンなどがあると重宝します。また、賃貸法人契約といってもいろいろな用途で利用するものです。社宅として利用されることが多いものの、職場と住宅兼用で利用する小さな会社もあることでしょう。その目的に合わせて使い勝手がいい物件を探すことが重要となってきます。不動産会社に相談をして、利用目的に合う物件を提案してもらいましょう。それから、賃貸法人契約の物件に入居すると、とても楽に感じられる点があります。その一つに、連帯保証人が挙げられます。通常、賃貸住宅を利用するには親御さんや親戚などに保証人になってもらうものです。ところが、賃貸法人契約の場合は、当然、会社が連帯保証人となってくれることが多くなっています。よって、社員の間は保証人要らずということになるわけです。もちろん、会社を辞めてしまった場合には、すぐにでも退居しなくてはなりません。その点だけに気をつけていれば、あまり気兼ねなく入居手続きができるのでとても楽です。